いざ、軽井沢へ=3(中編)

e0022091_17511884.jpge0022091_17523038.jpgおいしいランチを頂いたあとに向かったのが、塩沢湖周辺のミュージアムやローズガーデンのあるムーゼの森軽井沢タリアセン
タビリエを見てはじめてこの場所の存在を知り、私が今回の旅でいちばん楽しみにしていたところです。
いくつものミュージアムがあるのですが、中でもいちばん行きたかった2つのミュージアムへ行ってきました。

ムーゼの森にあるドイツ、エルツ地方に伝わる木のおもちゃを展示・販売している「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」と欧米の絵本をたくさん展示・販売している「軽井沢絵本の森美術館」です。
おもちゃ博物館も絵本の森も写真を撮れると思って大変楽しみにしていたのですが、残念ならがどちらも写真撮影は禁止されていた為写真は上記2枚のみです(爆)
おもちゃ博物館に展示されていた木のおもちゃはもちろんのこと、期間限定で展示されているミニチュアハウスなどなど、とにかくショーケースにべったり張り付いてしまうほど、どれもかわいらしいものばかりでした。

次に訪れた絵本の森では、日本人絵本作家さんの作品展が行われていて貴重な原画や絵本などを見ることが出来て大変楽しむことが出来ました^^
また、世界の絵本を取り扱っているショップもおすすめです!!かなりの作品数が置かれており、名の知れた海外絵本も取り扱っている有名書店では見かけない絵本がたくさんあったのが大変印象的で、私はそれらを全て立ち読みさせて頂き楽しんできました(笑)セレクトがとってもよかったです!!

続いて向かったのが、軽井沢タリアセン。ムーゼの森の絵本の森やおもちゃ博物館から徒歩でいける距離にありますので、おもちゃ博物館に車を置いたまま行ってきました。
e0022091_17384937.jpge0022091_1739625.jpge0022091_17392548.jpg













広びろとした園内では、塩沢湖でボート遊びを楽しむ人たちや芝生で野球を楽しんでいる人たちがいたり、デート中のカップルがいたりとのんびりとした時間が流れていました。
この園内の中に「ペイネ美術館」と「深沢紅子野の花美術館」があるのですが、もう美術館はいいや・・・ということで「イングリッシュローズガーデン」へ行って見ました。が、暑さのためか
バラたちもなんだかぐったりしていて(苦笑)もっと涼しいときに行けば、綺麗に咲き誇っている姿が見れると思います。また、バラの種類もかなり多いので見ごたえは十分あると思いました。
次回に期待したいと思います(笑)

このあとは、またちょっとプラプラして歩きつかれたのでお茶でもすることに。
タリアセン入り口の近くにある作家有島武郎別荘「浄月庵」内にあるカフェ「一房の葡萄」へ行きました。
タビリエで紹介されていた、こちらのスコーンがとってもおいしそうだったので頂いてみたのですが、さくさくしていて大変おいしかったです。カフェオレもおいしかったな~♪
2階には、有島武郎が書いた書物の原本やゆかりの品などが展示されています。
ぜひ、テラス席の方で涼みながらゆっくりされることをオススメします!
e0022091_183855100.jpge0022091_18391128.jpge0022091_18393680.jpg












長々と綴ってきましたが、あともう少しおつきあいくださいませ(笑)   つづく・・・・
by mayumii13 | 2006-07-17 18:41 | 長野   
<< いざ、軽井沢へ=3(後編) いざ、軽井沢へ=3(前編) >>