7月21日(金)のおはなし。

e0022091_20183126.jpg他の支店へ移動してしまった、私が唯一仲良くしている会社友達と飲みに行く。
お店は前回行った時に、さんざん待たされた挙句結局はなにも飲まず食わずに出てきた居酒屋である。
「20分ほどで入れます」と言われて待っていたのに、30分経っても40分経っても案内されず結局その日はそこを出てパスタを食べて帰ってきた(笑)なので今回はリベンジなのだ!!

前回よりも早い時間だから多分大丈夫だろう・・・ということでお店へ行って見ると行列もなにもなくすんなりと店に入ることが出来た。
あれ、あれれ。なんだかへん。おかしいー。空いてるー。
と思いながら友達とこのお店でいいんだよね・・・と何度も確認。間違いない、ここのお店である。がしかし・・・席に案内されメニューを手に取ったときに、その店の名前が前回と違っていることに気付く(笑)
あれ、名前変わってる。へ?なんでなんで??
しかも、全席禁煙のはず・・・が売りのお店だったのに、周りの人たちみんな喫煙してるし。
あのお店はいずこへ??潰れたの??メニューよかったよね・・・と2人してブツブツ(笑)
ちょっと残念だけど、ま、いっか。ということで楽しいおしゃべりがスタート。
お腹も満たされ食べるペースもゆっくりになり、まったりしながらも
ぺらぺらとおしゃべりしていると、突然私の頭上になにかが落ちてきた。

私「・・・・。」
友達「だ、だ、大丈夫っ?!」といいながらも笑っている。

なんだなんだと思い振り返ると、すぐ近くで飲んでいたおじさんが背後にいる。
そして大声で「すんませーんっ!!大ジョブ??だいじょぶーー??」
といいながら謝ってきた。

やっと我に返った私が頭に手をやってみると、なぜか棒と布が乗っていた。
酔っ払っていたので、すぐにはその物体がなんなのかわからなかったが
それが、私たちの背後にあった仕切りの役目をしている
畳み2畳分ほどの大きな暖簾であることに気が付いた。

幸い布がクッションになったお陰で竹の棒が地下に私の頭に当たらずに済み
痛い思いはしなかったのだが、突然起こった惨事に酔っ払いの私は
ただただ驚くばかりであった。

それから「へへっ。すんませーーん」と言って頭をポリポリ掻きながら去っていったおじさんに
口だけ笑って見送った私たちは、何事もなかったかのようにまた直前まで話しいたことの続きを話そうと思ったのだが、暖簾が落ちてきた衝撃で何を話していたか忘れてしまった為ーー;
仕方がないので別の話題に変え、またぺらぺら話しはじめたのであった。

*写真・・・コムサイズムのこの夏のバーゲン品
by mayumii13 | 2006-07-23 20:13 | 笑ってください。(笑)
<< 「82代目」奥様バトン!! ただの日記です(笑) >>